観る

漆喰壁に描かれた鏝絵がみごとな、旧造り酒屋

旧大川酒店

 本郷通りの南側に、どっしりとした構えを見せる旧大川酒店は、明治34(1901)年頃に建てられました。木造2階建てで、波の棟飾り(むねかざり)、正面および東側の鏝絵(こてえ)が描かれた漆喰(しっくい)壁が印象的です。ここで「清酒五岳」を造り始めたのは大正12(1923)年で、敷地内には精米所や醸造蔵もありました。
 西側には、木造2階建て瓦ぶきの洋風建築があります。これは大川酒店の応接間として使われていた新屋で、昭和12(1937)年に建てられました。伝統的な和風建築の母屋としゃれた西洋館が隣り合い、当時の大川酒店の勢いのほどをうかがわせます。

※現在は個人宅となっておりますので、ご迷惑にならぬようお気をつけ下さい。


ここに地図が表示されます