観る

当時の優雅な雰囲気が残る洋風写真館

水尾写真館

 四国学院大学の向かいに洋風の写真館があります。木造2階建ての寄棟造(よせむねづくり)で、基礎は石造です。外壁は白く塗った下見板張りで、正面上部には浮き彫りになった「水尾」の文字が見えます。
 創業は明治34(1901)年で、店舗兼住宅のこの建物になったのは大正末期(1920年代)でした。かつては、ガラス張りの天井から入る太陽光を利用して写真を撮影していました。
 出入り口の引き戸や窓の上の欄間、軒下、柱に装飾があり、内部ではカメラの絞りをデザインした天井レリーフや階段の手すりに装飾が施されていて、優雅な雰囲気をつくり出しています。ここは、旧陸軍第11師団やまちの人々が訪れる記念の場所でした。
 当時の洋風建築のまま現在でも営業している、全国でも珍しい写真館です。


ここに地図が表示されます