観る

大学の学び舎へと変貌を遂げた旧兵舎

旧陸軍第11師団(騎兵隊)兵舎 ※現:四国学院大学校舎

 かつて、片原町通りの善通寺郵便局あたりには、輜重隊(しちょうたい/水・食料・武器弾薬・各種資材などさまざまな物資を第一線部隊に輸送して、その戦闘力を維持増進するための部隊)の建物がありました。そこから西に進むと善通寺市民会館があり、隣が四国学院大学です。
 この大学構内に騎兵隊の旧兵舎が残されています。かつて市内のあちこちにあった木造兵舎のひとつで、大学の校舎に生まれ変わったものです。
 2号館と呼ばれているこの建物は、国の登録有形文化財。長さ58.5m、幅約15mのボリュームのある木造2階建てで、玄関ポーチの屋根は4本のりっぱな石柱で支えられています。何度もペンキを塗り重ねた壁面には縦長の窓が続き整然とした印象。中に入ると、兵舎らしい簡素な造りで、学びの場にふさわしい清潔感のある雰囲気が漂います。
 この建物は、香川県出身の本広克行監督の映画「サマータイムマシン・ブルース」にも登場しました。撮影用に特注したという大時計が今もかけられています。


ここに地図が表示されます