食べる

堅くてなつかしい明治の味「カタパン」の店

熊岡菓子店

 総本山善通寺の東院と西院の間を通る南北の道は、江戸から明治にかけての街道の面影をわずかに残しています。この道沿いに熊岡菓子店があります。創業は明治29(1896)年。現在の建物は大正2(1913)年に建てられました。店の内外ともに当時のまま、現在も使われています。陳列ケースも昔から大事に使い続けた貴重品。中には懐かしい菓子が並べられています。
 ここの名物は「カタパン」。理想的な軍事食糧として考案されたもので、創業当時は「兵隊パン」と呼ばれていました。現在のカタパンは小麦粉と砂糖を練りあげて焼き上げ、柔らかい食感に慣れている現代っ子には、びっくりするような堅さ。それでも口に含むと、いつまでもやさしい味が広がり、忘れられなくなります。「善通寺名物本家堅パン製造本舗」と書かれた紙袋も郷愁を誘います。
 全国的にも有名になった「カタパン」ですが、えびやソラマメのせんべい、ボーロなど他の菓子類も童心に返ることができるうれしい味ばかり。参詣のみやげに立ち寄る人も多いです。


どこか懐かしさを感じさせる菓子たちは量り売りで販売


ここに地図が表示されます