世界大会で受賞!善通寺第一高校デザイン科『黒板アートアニメーション』


善通寺第一高校が世界的な賞を受賞しました。
善通寺市のPRをテーマにして作成された『黒板アートアニメーション』。
善一デザイン科の生徒たちが「善通寺と人たちの心に響くような作品を作りたい」という事で、地域の人たちに何度もヒアリングをしたり市内を散策して、暑い日も寒い日も描き続けたあの作品が、国際的な賞を獲得しました。

この大会『ニューヨークフェスティバル』は1957年に設立され、国連も共催している大会です。
今大会では世界50カ国から数千もの作品が応募され、その中からファイナリスト賞に選ばれました。
『広告賞 学生部門』での受賞ですが、学生部門といっても世界の名門美術大学がこの大会のために毎年計画を練って挑むような大会です。
そんな難関を"善通寺市の人たちの心に響くような作品を作りたい"という『努力』『熱量』で突破した善通寺第一高校のデザイン科。
本当におめでとうございます。
沢山の方々に知っていただきたいので、是非シェアをお願いします。
作品は、善通寺第一高校のホームページや、善通寺第一高校のYouTubeチャンネルにて見ることができますので、是非見てくださいね。

善通寺第一高校 黒板アートアニメーションはこちら