観る

軍の社交場、明治デモクラシー

旧善通寺偕行社&偕行社かふぇ

「偕行社」とは明治10年(1877年)に創立された陸軍将校の親睦及び学術研究を目的とする団体の名称です。この偕行社が社交場として建設した建物にもその名称が用いられたため、偕行社という名の建物は代表的な師団が開設された場所、つまり全国的に存在していましたが、現存するものは少なくなりました。

明治29年(1896年)善通寺町に開設された第十一師団は、日清戦争後の陸軍拡張期に増設された6師団のうちの一つで、「旧善通寺偕行社」は第十一師団の将校たちによって明治36年(1903年)5月10日に竣工しました。

重要文化財でありながら、偕行社本来の用途である社交場として使用する際に利便性を高める目的で附属棟(偕行社カフェ)もオープンしました。

現存する偕行社は国内6ヶ所(旭川市・弘前市・金沢市・京都市・岡山市・善通寺市)、国外1ヶ所(台湾)のみで貴重な明治遺産となっています。




ここに地図が表示されます