観る

西郷隆盛を支えた「善通寺人」

月照・信海生家&像

善通寺市吉原町で生まれた月照は、牛額寺(善通寺市碑殿町)に弟子入りし、20歳で「清水の舞台」で有名な京都府の清水寺成就院の住職となりました。

後に弟の信海に同住職を譲り、勤王運動を入りました。西郷隆盛とはその際に出会ったとされ、西郷が月照を尊敬していたと言われております。

しかし、幕府軍に追われることとなった両者は最後の古里、薩摩(鹿児島県)まで逃げますが、その途中の錦江湾にて入水してしまいました。

西郷の命は助かったものの、月照は帰らぬ人となります。

その後、月照の後を追い勤王運動をしていた信海も幕府にとらわれ、獄死しました。


現在、碑殿町には速見史郎氏が手掛けた2人の石像が建てられているほか、吉原町下所には、2人の生誕地を示す石像が建てられています。

2018年のNHK大河ドラマ「西郷どん」では、尾上菊之助さんが月照を演じており、2人の生涯にスポットがあてられています。





ここに地図が表示されます