観る

お大師さま天女伝説!禅定からの絶景瀬戸内海は一見の価値あり

第73番札所 我拝師山 求聞持院 出釈迦寺

出釈迦寺の開基には、弘法大師幼少期の数ある伝説のひとつ「捨身ヶ嶽」縁起にゆかりがあります。それは、弘法大師が“真魚”と呼ばれていた7歳の時。我拝師山に登り「私は将来仏門に入り、仏の教えを広めて多くの人を救いたい。私の願いが叶うなら釈迦如来よ、姿を現したまえ。もし叶わぬのなら一命を捨ててこの身を諸仏に捧げる」と、断崖絶壁から身を投じました。すると、紫色の雲が湧き、釈迦如来と羽衣をまとった天女が舞い降り、雲の中で弘法大師を抱きとめました。命を救われ、願いが叶うことを示された弘法大師は、青年になって我拝師山の山頂で虚空蔵菩薩像を刻んで安置し、堂宇を建てたといいます。

この場所は「捨身ヶ嶽禅定」といわれ元は札所でしたが、今は寺の奥の院となり、境内から急坂を50分ほど上がった場所にあります。弘法大師が虚空蔵菩薩の真言を100万回唱える「求聞持法」を修めたことから「求聞持院」という院号がつきました。ここで拝むとすばらしい記憶力が得られ、学業成就や物忘れにご利益があるといわれています。

また、弘法大師が身を投じた場所は、ここからさらに100mほど登った場所にあります。下を見れば足のすくむような深い谷底ですが、眼下には讃岐平野や瀬戸内海を一望できる絶景が広がります。

出釈迦寺の見どころ

捨身ヶ嶽禅定

寺の境内から50分ほど登った場所にあり、さらに100m進むと大師捨身のお行場が。
毎月旧暦15日には護摩祈祷が行われています。

捨身ヶ嶽遙拝所

捨身ヶ嶽禅定まで登れなくても、ここでご宝号を唱え、祈願すれば同じぐらいのご利益があるといわれます。

本堂

弘法大師作の本尊・釈迦如来と、脇仏に不動明王、虚空蔵菩薩があります。

出釈迦寺の年中行事

奥の院縁日

先祖供養や護摩祈祷が行われる。この日に限り境内から奥の院まで無料送迎あり。
縁日の後、堂内で宿泊も可能。(参籠料1,000円)

  • 日時:毎月旧暦15日・18:30から祈祷
  • 場所:我拝師山中腹

ここに地図が表示されます